交通事故治療について

交通事故治療とは

交通事故治療とは

交通事故治療とは、一般的には交通事故が原因となっている痛みや、だるさ、不快感等の事を指し、主には自賠責保険による治療のことをいいます。
当院では、交通事故が原因となって、むちうち症などの様々な症状でお悩みの方、また、治療を受けているがなかなか治らなくて困っている方などのご相談に応じております。

交通事故の場合、自賠責保険により治療費が支払われますので、治療費や診断料の負担は基本的にはありません。

交通事故では、日常の怪我では傷めないような部分のダメージを受けることも多くあり、放置すると痛みや機能障害などの2次的障害(肩こりや腰痛)へと発展してしまうこともあります。 そうならないためにも、早期の治療と症状が完治するまでの間、きちんと治療される事をお勧めします。

ページの先頭へ

こんなお悩みがある方はご相談下さい

  • 交通事故に遭ってしまったがその後、どうしていいか分からない。
  • 交通事故後の痛みやしびれがなかなかとれない。
  • 事故直後は痛くなかったのにだんだんと痛みが出てきた。
  • 病院では異常ないと言われたが、身体の調子が悪くよくならない。
  • むちうち症で通院していたが、病院通っていてもよくならなかった。
  • 病院は遠いし、待ち時間が長いため、通院が難しい。
  • なるべく早く症状を回復させて、元通りに生活したい。
ページの先頭へ

交通事故の治療を受ける前に

1. 交通事故に遭ったなら、まず警察に届け出を行ってください。

警察への届出をしていないと、保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されません。
被害者、加害者問わず、必ず警察に届け出を行ってください。

2. 医療機関で検査を受けて、「診断書」をもらってください。

警察に提出する「診断書」をもらうためには、一度医療機関で検査を受けて診断書をもらってください。
一番大事なのは、ご自身のお身体です。信頼のおける医療機関でCTやMRIなどを用いた精密検査を受けることをお勧めします。 自覚症状がなくても必ず受けてください。

3. 保険会社に連絡を行ってください。

保険会社に、接骨院で治療することをお伝えください。
その後の保険会社とのやりとりは当院にて行いますので、ご安心ください。

交通事故の補償の支払い基準

自賠責保険(共済)は、交通事故に遭われた方々に対し、政令で定められた一定の保険金(共済金)等の限度額の範囲内で支払うものです。
損害保険会社(組合)は、傷害、後遺障害、死亡のそれぞれの損害額の算出基準を定めた支払基準に従って支払わなければならないと決められています。
算定基準には、労働能力喪失率や、就労可能年数、平均余命年数や、年齢毎の平均給与額なども含まれます。

保険金が適用されないケース

いくら交通事故と言っても、100%被害者の責任で発生した事故(無責事故)については、相手車両の自賠責保険金(共済金)の支払対象になりません。
具体的には以下のようなケースが当てはまります。

  •  ●被害車両が、センターラインをオーバーしたことによる事故の場合
  •  ●被害車両が赤信号無視したことによる事故の場合
  •  ●追突した側が被害車両の場合
ページの先頭へ
Copyright(C) KANAI SEKKOTSUIN, All Rights Reserved.