保険治療

保険治療

保険が適用される範囲とは、骨・関節・筋・腱・靭帯などに加わる急性、亜急性の原因によって発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対する治療となります。
詳しくは以下のとおりです。

保険治療

ページの先頭へ

保険について

健康保険

保険治療

接骨院では、捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼など原因のはっきりしているものについては、健康保険、自賠責保険(交通事故時)、労災保険が適用になります。
施術は患部中心になります。

捻挫や挫傷 ( 肉離れ ) となると「特別なケガをした時」と思うかもしれませんが、日常生活の微細な動作で筋肉や関節は簡単に痛めます。
寝違いは首の捻挫や筋肉の肉離れ、筋違いも肉離れです。 ギックリ腰も腰の関節の捻挫や肉離れが多いです。 運動後の筋肉痛も運動していて筋肉の線維が切れる為、軽い肉離れが起きていることもありますので、お気軽にご相談下さい。問診や検診等を行って判断致します。

労災保険

労災保険

仕事中の怪我や通勤中の怪我には、労災保険が適用になります。自己負担金はかからずに通院することができます。

通院を希望される方は、「療養補償給付たる療養の費用請求書」を職場または整骨院からもらい必要事項を記入の上、整骨院に提出して下さい。

請求書は医療機関を経由して、労働基準監督署長に提出されます。手続きは手間がかかるものではないので、通勤、お仕事中にお怪我をされた時は労災保険をお使い下さい。

ページの先頭へ

治療費

保険治療費

ページの先頭へ

治療方法

物理療法

サンプルイメージ

専門の治療器を使用して、機能を回復させます。神経症状 ( しびれ、痛み) がある場合も症状を緩和してくれます。

また、受傷直後など炎症症状の強い時に患部を冷却し炎症を抑え、急性期を過ぎた症状には患部を温め血行促進を促し、筋緊張や疼痛を緩和し治癒を促進していきます。 更に、痛みのある部位に通電することにより除痛や筋緊張を軽減させていきます。

手技(徒手)療法

サンプルイメージ

治療器ではできない痛みのある部分を探したり、患者さんへの適度な刺激で筋肉をほぐしたり、血流を良くして結果的に体の組織の代謝を早くさせ症状の回復につなげていきます。

更に、ほぐすだけでは筋肉の負担になる為、機能回復を重点に回復の妨げとなっている原因となる部位、バランス改善を行っています。

運動療法

サンプルイメージ

筋肉を伸ばし、損傷を回復させます。関節可動域、筋肉、協調性の向上を目指します。

主に、運動器具(ダンベル、ゴムチューブ、バランスボールなど)とストレッチなどを行い、硬くなった関節や筋肉を中心に無理のない範囲で体を動かし、関節の動きの改善、硬縮(関節が硬くなる)を予防します。

固定治療

サンプルイメージ

包帯、さらし、金属副子等を使い、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷、ぎっくり腰などに対応致します。

治療の部位や固定器具により、固定料は異なります。

テーピング(保険外)

サンプルイメージ

ホワイトテーピング、キネシオテーピングを使用します。

外反母趾、腱鞘炎、スポーツ障害等、試合大会等でのパフォーマンス向上に繋げます。

捻挫の後の固定、傷害予防、筋肉の支え等により、ぎっくり腰、寝違い、競技前の筋肉サポート、コンデショニングとして使用します。

料金:300円〜1,500円/部分
   ※部分、テーピング量により料金が異なります。

ページの先頭へ
Copyright(C) KANAI SEKKOTSUIN, All Rights Reserved.